読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハラハチブ

ヘルスフードカウンセラー3級。健康や身体のことについてつらつら書いていきます。日常の雑記なんかも書いていくパレット的なブログです。

健康記録をつけよう~最強の健康法なんて存在しない!!~

こんばんは、ジョコ(@harahachibu8)です!

今年も1ヶ月が過ぎましたね。早いもんだ。

今日は、ボクが健康のための第一歩としてぜひオススメしていることについてです!

健康についてわかってることって??

たくさんの情報が溢れてるいまの時代。

その中で「なにが正しい情報なのかを見抜くこと」ってすっごい大事ですよね。

 

それは「健康」っていうカテゴリについてももちろん言えることで。

だっていまや「ほにゃらら健康法」みたいな健康に関する情報ってウジャウジャあるじゃないですか(* ̄∇ ̄)ノ

 

たとえば

・断食健康法

・1日2食

・1日1食

バナナダイエット

糖質制限

マクロビオティック

アーユルヴェーダ

たんぱく質ダイエット

・牛乳は実は身体に悪い、、?

ファスティング

、、、などなど

 

軽くサッと挙げただけですけど、

それでもこんだけあります。

とりあえずみんないろんなこと言いすぎて、受けとる側は

 

「結局なに選んだらいいのかわかんねぇ~〜!(ノ-_-)ノ~┻━┻」

 

って状態なんですよ。

 

多くの人からしたら、もともと「1日3食」なんて当たり前だったわけじゃないですか。

でも最近は、タモさんとか芸能人もたくさんやってる「1日1食」っていう習慣を取り入れる人もちらほら出てきて。。。

でもボク、前に1日1食やろうとして倒れかけましたからねw

 

結局、はっきりとした健康法なんてわかってないんですよ!

 

そして

わかってないからこそ、

いろんな健康法やダイエット法が生まれるんです。

 

西洋医学と東洋医学

医学の分野でもこういう全くアプローチの違うパターンありますよね。

「西洋医学」と「東洋医学です。

 

西洋医学

病気を見て、薬や手術の処方で治療する。

例えばお腹の調子が悪い人に対しては、

「血液検査やレントゲン検査などで患部の状態を調べ、そこに出ている症状を抑える治療をする」

みたいなアプローチをするのが西洋医学の特徴ですね。

 

東洋医学

症状を見て、体質改善につながるような治療をする。

例えばお腹の調子が悪い人に対しては、

「その人の顔色、体型などのその人が持つ性質や生活習慣などを把握し、身体全体を整える治療をする」

みたいなアプローチをします。

 

これらが一概にどっちがいいとかはその人や病気などの状況次第で

変わってくるんですが、ボク個人的には東洋医学の見地で半年〜1年をかけて

長期的な健康を築き上げる方がいいのでは?と思ってます(・∀・)

 

そのための第一歩が「記録」!!

健康法、ダイエット法、医療法・・・

いろんな意見や情報がありますけど、

どれだけ健康や栄養の知識を学んだりしたとしても、

 

まず第一に 

 

自分の身体のメカニズムを知らなくてはまったく意味はない!!

 

これだけは自信を持って言えます。

 

・何時に寝ると体調がいいのか?

・何時に起きると体調がいいのか?

・夜ご飯は何時頃に食べると次の日が楽に起きれるのか?

・何を食べると眠くなるのか?

・何を食べると身体が重くなるのか?

・週にどのくらい運動をすると体調がいいのか?

 

こういったことを1つ1つ丁寧に記録して、

自分にとってのベストを見つける!

これ以上の健康法はないと思います。

万人に通用する健康法なんてないんですから。

 

さすがに上に書いたことを毎日全部記録するのは難しいとしても、

最低限として

・朝起きた時間

・夜に食べたもの

・寝た時間

・(週に1回ぐらいは)体重を測る

 

これらはぜひ記録しておくといいと思いますよ。( ・∀・)

 

ボクもこれをやり始めて、睡眠時間なんかを試行錯誤した結果、

仕事中もあんまり眠くなることがなくなってきました。

(いまんとこは0〜6時の6時間睡眠がしっくりきてます♪)

 

健康においてだけじゃなくて、情報を仕入れること以上に

【自分を知ること】ってのはめっちゃ大事なので、

みなさんも毎日の高いパフォーマンスの第一歩として

日々の自分を記録していってみてくださいな(*´∀`*)

 

広告を非表示にする