ハラハチブ

ヘルスフードカウンセラー3級。健康や身体のことについてつらつら書いていきます。日常の雑記なんかも書いていくパレット的なブログです。

『神さまとのおしゃべり』 byさとうみつろう【ブックレビュー】

この前メルカリで買った

『神さまとのおしゃべり』を読み終わったのでレビューするよ!

 

著者のさとうみつろうさんは、なんとなく名前は聞いたことあるな〜ってぐらいで

本を読ませてもらったのは初めて。

 

そういえば本屋で平積みされてたの見たことあったな〜って思って

買ったけど、思ったより面白くて付箋貼りまくりました!

 

さすがに全部は無理だから、特に印象に残った部分を少し抜粋して紹介しますね〜


f:id:kjysak8:20180309183916j:image

 

『神さまとのおしゃべり』byさとうみつろう〜会話調でテンポよく、でも心にグサグサくる言葉ばっかりだ〜

 

本書は主人公であるみつろう(著者)のもとに突然「神さま」が現れ、

<幸せになるための授業>としていろいろな教えを受けるというもので、

主に2人の会話の形で話は進んでいく。

時々フザケたりしながら軽い感じで会話は進んでいくのでめっちゃ読みやすい。

厚さが少しある本だけど、あっという間に読み進められるよ。 

 

自分の固定観念を知りたければ、目の前の現実を見よ!

「現実」とは、その人が信じた全てのもののことじゃ。

ということは、その人が何を信じているのかを知りたければ、「現実」を見ればわかることになる。

つまり、自分の「固定観念」を知りたければ、目の前の現実を見なさい。

そこに映っている全てが、あなたが勝手に信じ込んだものだから。

 

 本の中で神さまは、「〇〇は〜〜である」というその人の無意識な考え、

それを自動で考え続けてくれる機能こそが「観念」であると言ってる。

よく「潜在意識」と「顕在意識」っていう言葉聞くよね。

それでいうと「潜在意識」にあたるところ。

ちなみに神さま的には「表層意識」と「深層意識」って言ってるんだって。

まぁ一緒だね。

「観念」というのはその人の大切な願いの結晶で、他の誰かが変えることはできない。

 

 例えば「金持ちになるのは難しい」と信じている人がいるとすると、

「金持ち」と「難しい」をその人は勝手にくっつけているということになる。

逆にある人は、「金持ち」と「簡単」をくっつけている。

そういう人たちがいわゆる「お金持ち」と呼ばれている人たち。

 

こうして無数にある観念の中で、強くくっついて固定化されてしまったものが

固定観念となる。

だから人類はみんな、その人それぞれが信じている「固定観念」の中を生きているってこと。

 

「他人に迷惑をかけちゃいけない」という固定観念を持ってる人は

世間的には「しっかり者」とか言われるし(あれ、俺か?)、

「お金を手に入れるには苦労して労働しないといけない」って固定観念をもっている人はがんばって仕事しまくるんだろうし(あれ、俺か?)。

 

てことは、その人が何を信じて生きているのか(どんな固定観念を持っているのか)は今のその人の現実を見ればすぐにわかるってことだね。

 

てつろうが言ってるように、『観念さえコントロールできれば人生は簡単に変わる』

ってことだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なるほど。。。

たしかに「仕事以外でお金がもらえる」なんて意識持ったのごく最近だもんな。

だからふつーに働く以外での収入が無いっていう「現実」があって。

それが当たり前になってて。

でも「別に会社入んなくても自分で稼げばよくね〜??」って思えてる人には

いろんなとこからの収入源があるっていう「現実」があるんだろうし。

 

ここまで20年以上の人生でこびりついた観念だからコロッと変えることは難しいんだろうけど、いろんな観念に気づけたらほんとに人生変わりそうだな。(あ、これも「観念を変えることは難しい」っていう固定観念だ...笑)

 

簡単にお金持ちになる方法

第3章のタイトルがこれなんですよ。

もうここだけでも読みたくなりますよね。笑

 

神さま:「難しい」と感じるのも「簡単だ」と感じるのも自由なこの世界で、人は小さい頃から、「お金を稼ぐのは、大変なのよ!」と何度も周囲に言われて育った。素直なお前らは、その意見をそのまんま信じ込んで、大人になった。

本来は、「お金」と「苦労」には何の関係もないのに、何度も言われたものだから、頭の中で、「お金」と「苦労」を結びつけてしまったんじゃ。

だから、深層意識の中で、「お金」を手に入れるためには「苦労」を伴う必要があると信じ込んでおる。これは、根深く信じ込んでしまったので、お前の深いところで、固定観念になっておる。

 

みつろう:じゃあ、この固定観念を消すにはどうしたらいいの?

 

神さま:違う事例を何度も目にすることじゃ。つまり固定観念とは真逆の、「簡単に金持ちになった」というケースを、自分なりに探すんじゃよ。

ネットでもいい、新聞でもいい、それこそ噂話でもいいぞ。とにかく簡単にお金持ちになった人の事例を、集めるんじゃ。探せば、たくさん見つかるじゃろう。

 

ここのところはさっきの話とリンクしてくるよね。

「お金持ちになるのは難しい」という固定観念があるから、そのまんまの現実がある。

だから人のいろんなケースを見て、

「あ、お金持ちになるのって意外と簡単なんじゃん!!」

っていう固定観念に書き換えることが、お金持ちになる第一歩だって神さまは言ってるね。

 

神さま:本当の金持ちはな・・・与え上手なんじゃよ。

というより、手放し上手じゃ。なぜなら、お金を手に入れることが「難しい」とは思っとらんからな。入ってきたものを、すぐに手放す。

だから、もし金持ちが宝くじに当たったら、絶対にパーティーを開くじゃろう。これは誓ってもいい。絶対に彼らはそうする。

人は簡単に手に入ると思うものは、簡単に手放すんじゃよ。空気を吸って、すぐに空気を吐くがごとくな。〜略〜

空気は、また手に入ると思うから、すぐに肺から吐き出す。そして、「また手に入る」と信じているから、思考が現実化し、実際に次の空気が入ってくる。

これは原理なんじゃよ。簡単に手に入ると思っているものは、簡単に手放す。

それなら、これを逆にすればいいんじゃないか?

 

みつろう:簡単に手放せば、簡単に手に入るということ?

 

神さま:そうじゃ!先に与えれば、絶対に入ってくる。

 

金持ちは与え上手、ってのはよく言われますよね。

神さまはこの後のところで、

人は、手放した時と同じ態度で、手に入れる

って言ってます。

 

要は1万円を何かに払う時に「あぁ〜諭吉が飛んでく〜〜ぅ(泣)」みたいに思うのか

「1万円ね、ほい!」って思うのかで次に1万円を手に入れる時の感覚が全然違うよってこと。

前者の人は仕事とかをがんばって努力して、やっとこさ1万円をもらうのに対して

後者の人は「おかんが1万円くれた〜!ラッキ〜!」なんて感じで簡単にゲットする。

 

簡単な人には、簡単だし

難しい人には、難しい。

 

お金を手放す時にどう思ってるかで、

あなたのお金に対する固定観念がわかりますよってことだねー!

 

まとめ

もうね、抜粋するとこが難しい!

刺さる部分が多くて付箋貼りまくったから。。。

上で書いたのはほんの一部で、書きたいとこ書いてたらとてつもなく長くなりそう。

でもこの本は1回読んだだけじゃ噛み砕けないかなって感じた。

頭では「なるほど!」と思っても、無意識ってほんと心がけの賜物だから。

 

累計15万部突破ってとこから見てもほとんどの人にとってはためになる本だと思います!

日常に新しい視点が欲しい人にはほんとにオススメの1冊!!


f:id:kjysak8:20180309183927j:image

 

 

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

 

 

こっちは続編!

今読んでるとこ! 

悪魔とのおしゃべり

悪魔とのおしゃべり